再び無職の借金地獄

借金返済しながら人生回復していきたいお話

満身創痍だね

この前医者に言われた言葉。

「満身創痍だね」


ものすごく足腰が痛い。

もう病院に行く金も乏しい。


不安で眠れない。

トイレで立ち上がれないくらい足腰が痛い。

病院に行く金もない。

この身体で就活できない。

ウオーキングすら出来ない。

痩せない。

就活しないから就職できない。

返済日が来る。

家族は知らない。

不安で眠れない。

頭が回らない。

寝返りも痛い。

筋力がどんどん落ちる。

若い頃のように寝たら治る事がない。

不安で眠れない。


…こうなると『手続きをして援助受けた方が良い』とか言われそうだけど

それってまず家族に借金のこと、言わなきゃでしょ。

だって借金が一番の不安要素なんだもの。


いや、借金が一番じゃないんだよ。

借金を知られることで

また、人間扱いされなくなることが怖い。

「あんたに使う電気はない」と

電気も消され、テレビも消され、

お風呂も冷たくて、顔を見れば

死ねばいいと言われ。


小さい頃から貧乏。

栄養失調になったことありますか。

「あなたの肥満は栄養失調です」と大人になって言われた。

中学の頃、栄養失調で倒れたことを思い出した。

栄養失調ってね、ものすごく偏っているから太るんだよ。


奨学金で大学まで行けた。

親はボロボロだけど頑張ってくれた。

全て親の決めたレールに乗らされて

全く青春もない学生生活。

卒業したら550万の負債。

腹立たしくて仕方なかった。

親と半分づつで27で完済した。


あんなに頑張って返したのに

なんで借金増やしてんだろう。

100万の負債を今まで二回バレて

親が一括で返した(そのあと私が返済した)。


今回は250万だ。

一年前(まだ働いてた)『おまとめローン』で110万借りた。

つまり一年前の負債は110万だった。

でも今は250。


3ヶ月付き合っていた彼がいて。

車がないから足となり

食事がないから食材を買い食事をつくり

家財がないから家財を買い

負担になりたくないから色々奢り

話について行くためにゲーム課金をし

結局、(彼が親から借りた金で)車を購入した翌日にフラれた。


それでも一緒に居てくれたから

気を引くためにエステに行き

服を買い

とにかく占いに走り

大金を課金し

誕生日にプレゼントを買い

彼に対しては風俗嬢のようなことをし


端々で言われる内容から

ノイローゼになり、病気になり

会社では状況が悪くなり


会社を辞め

借金が残り

さらに増え

再び彼の誕生日に借金してプレゼントして


でも、私の誕生日に

『なんもしたくない。もうあきらめて』



言われたことはもっと散々で

もっと辛辣なんだけど

自業自得な250万の借金に対して

計算したら彼が私になんかしてくれたのは

3000円にも満たなかった。


お金じゃないけどさー




…いや、お金だよね。




気づいたら250万


そういえば前の100万も男だわ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。