転職魔無茶振人生の借金地獄

借金返済しながら人生回復していきたいお話

結局

長期入院している母のお見舞いに行ってきた

一般に言う『毒親』だ。

この、だらしなく 情けなく 自我が強く 忍耐力はなく

プライドが高く 見苦しく どうしようもない娘に

小さい頃から『あなたはこう生きなさい』と躾けてきた。

嫌いだった。

私の言う話など耳に入れない。

私の望む進路も許さない。

男女交際も認めない。

色々あったけど、私たちはだいぶ【こじれて】いる。


歳を取り、母も老人になった。

ずっと入院している。


しばらくいて、帰るとき

バス停からふと顔を上げたら

誰かがこちらを見ていて

手を振ってみたら母だった。


動きづらい身体で

窓のところに身を乗り出して

8階から私を見ていた(窓は閉まってます)。


いつも気づかないけど

見てたんだなあ と思った。


もうすぐ日も沈む最中

室内の灯りで逆光になった小さな影は

ここ最近でめっきり痩せてしまった母だった。

私は病気で歩くのがかなり遅い。

きっと母はずっとあそこで

帰るのをずっと見ていたんだ。

いつも。



私は、たぶんずっと

愛されていたんだな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。